大江戸徒然日記

大都会でありながら、未だに人情ある東京の下町生活をお伝えする江戸っ子若女将の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末は上野の寄席で初笑い

本日のメニューはこちら
        一月下席昼の部

真昼間にも関わらず、雪が降り始めても可笑しくないような週末の空に白い息を吐きながら女将が向かいましたのは上野は鈴本演芸場でございます。

近づきますと開場前の演芸場前には既に100人近くの行列が並んでおりました。
        鈴本演芸場へ
寒さに足踏みするうちに、少しずつ少しずつ進んで行く行列。
混雑しないよう十名ほどが順に案内され、チケットを購入して会場内へ消えていきます。
もうすぐ!鈴本演芸場
やっと! 鈴本演芸場2

新宿は末廣亭さんの和風建築に比べ、ビルの鈴本演芸場は雰囲気が異なる現代的な寄席でございます。
場内はこのような作り。
       鈴本演芸場内
他のコンサートホールと変わらないようですが、「寄席ならでは」のものが一つございまして、それが嬉しいひと時の演出となるのです。
それがこちら座席には・・・
お分かりになりますでしょうか?
座席には、前の席の背中に折りたたみのテーブルが用意されております。
お弁当やお菓子にお茶、ビールやおつまみも売店で売られており、食べたり飲んだりしながら寛いで楽しむことができますのが、この鈴本演芸場でございます。

また、入り口受付でお荷物を預かってくださるのも、途中半券をお見せして入退場できますのも鈴本さんの嬉しい心遣いですね。
従業員の方も愛想が良く親切なので気持ちよく過ごすことができました。
高座の途中でも席を立って売店に行ったり、ちょっと一服・・・という事があってもスピーカーでトイレの中までマイクを通じた落語が聞こえておりますので、長い上演時間も気兼ねなく気ままに過ごさせて頂けます。

そうそう、お土産にはこんな物もございましたよ。
笑点あめ、笑点せんべい 笑いせんべい箱入り
あまり良い写真でないのが申し訳ないのですが、笑点飴に笑点煎餅でございます。
「笑点」の文字の浮かぶ布張りとおぼしき缶は、側面に噺家さんの似顔絵も描かれ、なかなか魅力的に思えてしまいました。

12:30の開演前には既に立ち見も出る混雑のなか、15分前から前座の落語が始まりました。

寄席と申しますと落語ばかりと思われるようですが、2~3席の落語の合間には様々な出し物が差し挟まれてされております。
この日は太神楽の曲芸に漫才、奇術、粋曲。

そして何より女将が楽しみにしておりましたのは、林家正楽さんの「紙切り」
軽快なリズムに体を揺すりながら、手にした鋏と紙が踊るように動くうちに次々とお題のモチーフが生み出されていきます。
この「紙切り」
実はその場のリクエストをお受けして即興で作られていくのですよ。
そしてOHPでスクリーンに映し出された後にはリクエストされた方にプレゼントされるのです。
この日も「オバマ大統領」や「石川遼くん」「梅にうぐいす」などのリクエストに次々とお答え頂き、あっと言う間に生み出される影絵に歓声が上がっておりました。

「オバマ大統領」・・・どんな作品になるのかと気になるところでございましたが、スーツ姿で向かい合う二人の男性の影は、まぎれもなく挨拶を交わす麻生総理とオバマ大統領のようで、特徴を捉えた巧みな手業にはびっくりです。

12:30から14:50の中入りを経てトリを務める桂文楽さんの落語にお腹を抱えて笑った頃には時間は既に16:30。
2,800円で半日。
こんなにも笑ったのはいつ以来かしら・・・健康にもご加護があるかも・・・と少々遅ればせの初笑いを上野で堪能いたしました週末の女将でございます。




ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 中央区(東京)情報へ にほんブログ村 その他ブログへ


テーマ:東京 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント


             お早う御座います。
何処で如何間違えたのでしょうか・・・ 非常に有難いご訪問です。感謝します。
こんな確りした流れのある文体の素晴らしいブログと、お会いする事が出来ました。
本日、松本の朝も絵を描いた様な快晴です。今後とも、宜しくお願いします。
【2009/01/27 10:18】 URL | アガタ・リョウ #- [ 編集]


寄席のお囃子が聞こえてきそうな。
わくわくしますね。
関西人にはなじみのない噺家さんのお名前も新鮮ですね。
【2009/01/27 10:33】 URL | た-ぼのはは #- [ 編集]

コメント頂き、有難うございます。
>アガタ・リョウさん、初めまして
お褒め頂き恐縮です。
信州の朝は冷えるのでしょうね。
流感にお気をつけて。
又のご来訪をお待ちしております。

>たーぼのははさん、おはようございます。
お囃子の音だけでワクワクしてしまうのは、やはり日本人のDNAのなせる技でしょうか(笑)
そうか、噺家さんも東西で活動の場が分かれているのですね。
正楽さんの紙切りは是非ご覧頂きたいものです。
【2009/01/28 07:26】 URL | 江戸っ子若女将 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://chuchu10chuouku.blog15.fc2.com/tb.php/229-58b38514
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

江戸っ子若女将

Author:江戸っ子若女将
東京生まれの東京育ち
 平成の江戸っ子

最近ネイルに凝っています

趣味の盆踊りのため夏中浴衣で過ごし,冬はラグビー観戦,春からはF1を楽しむ他、お能・歌舞伎・クラシックや相撲,オペラ鑑賞にとお江戸を跳び回る一年。
アメリカドラマ好き
実はゲーマー
歴史好きの城マニア
城址・古戦場めぐりが生き甲斐

最新の記事(全記事表示)

最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

RSSフィード
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。