大江戸徒然日記

大都会でありながら、未だに人情ある東京の下町生活をお伝えする江戸っ子若女将の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸っ子若女将四国を行くシリーズ~大洲編その2 できたて大洲城

一周年を迎えて宿題を消化すべく、本日は久し振りの四国編の再開でございます。

念のために申し上げておくのですが、続きますこれは昨年6月の出来事。
その後、数回に渡り四国へと飛んでおりますので、掲載はまだまだ長くなりそうです。
なお、過去の記事につきましては、左のカテゴリーから「四国編」をご覧くださいませ。

前回は大洲でのお話が始まったばかり。
続編の再開は大洲城天守閣の訪問からスタートいたします。

************************************************************************

お城マニアの女将のこと、何処に参りましても城址は外す事は出来ぬスポットでございます。

天頂部に照りつける日差しは真夏のようで、お菓子屋さんの軒先で坊主頭に黒々と庇の影を落とした学生さんが、手にしたアイスキャンディーが溶けていくのと競争するようにぺロリと平らげるのを見やり、ちょっと羨ましい。
水色のソーダ味、ガリガリくんかな。

天守閣を見上げる曲がり角で、自宅跡をお訪ねできなかった藤樹先生のご案内。
大洲 中江藤樹の足跡こちらからは段々に急になる坂道が続きます。

肘川から遠く眺めやりました大洲城へ。
山城ではございませんので小さな学校の裏山程の丘の上にある天守閣ですが、それでも平らなアスファルトに慣れた身には坂道はきつく感じられてしまいます。
噴出す汗を拭いつつ銅像道なる坂を上って参りますと、中腹で中江藤樹先生のお出迎えがございました。
        中江藤樹像
残念ながら生家へお邪魔する事はできませんでしたが、こちらでご尊顔を拝し、ちょっとばかり気を取り直した女将。
隣の藤棚の下で一息付いておりますと、川風が心地好い馳走となって参りました。
見上げればもう目の前の大洲城天守閣。
        大洲城天守閣

どっこいしょ、と腰を上げて辿り着いたそこは、遮る物も無く吹き上げる川風が本当に気持ちがいい!
今頃の時期でしたら、きっと寒くて敵わないことでしょうね。
来る道はすれ違う方も僅かに芝の刈入れをなさる作業服の方のみでしたが、天守閣の前では吹く風も涼しく、僅かな木陰でスケッチブックを広げる方々もいらっしゃいました。
        大洲城天守閣2

白壁の美しい小さな天主は、実は平成16年に債権された存外新しい建造物でございます。
それが証拠に中へと足を踏み入れますと木の香りが鼻腔を擽って参りました。
 大洲城内2 大洲城内
同じ新築でも現代的な建物のホルマリン臭さとは全く違った気の香り。

新しい物ではございますが、セメントの打ちっぱなしなどで囲まれた資料館もどきの天守閣とは違い、こちらは贅沢にも国内産の木材を使用して再建された木造建築。
和釘から製作されたその技術に関心し、受け継がれた伝統技術の木組みの美しさにボンヤリと眺めておりますと、熱心に手すりを磨く女性の方が手を休めて話しかけて下さいました。

「今日は暑いでしょう。一番上に行けば涼しいよ。こんなもんじゃない、いい風が入るよ。」
その言葉に誘われて最上階へ。
上層は女将の部屋ともかわらない小さな空間ですが、四方の窓を吹き抜ける風は押されて進めないほど。
汗にジットリとした全身にしみる様な川風。

小城でありながら、小早川隆景、藤堂高虎、脇坂安治、加藤貞泰・・・といった名のある武人たちに縁の城。

肘川を見下ろし、大洲の町を眺め渡せば、緑濃い山々も日に映えて絶好のロケーションでございました。



愛媛編はみかん色で。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログへ にほんブログ村 その他ブログへ

テーマ:愛媛県 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

ありがとうございました!
江戸っ子若女将さん、はじめまして。私の阿呆なブログにコメントいただきまいして、ありがとうございます!ブログ開設1周年おめでとうございます!
夫婦で以前、台東区入谷に住んでいて、下町の温かさが大好きです。外国人の旦那に色々説明したくても知識がないので、江戸っ子若女将さんのブログを読んで勉強いたします!
最近、着物を着られるようになって、もっと日本文化に触れたいのですが、やっぱり知識がないとついていけない部分が多くて。リンク貼らせていただきまっす!今後ともよろしくお願いします。
【2009/01/30 13:17】 URL | チチ #- [ 編集]

チチさん、こんにちは
初めまして。
台東区入谷は女将にも馴染みの深い町で、盆踊りに、朝顔市に、酉の市に、とお邪魔させていただいております。
お着物召されるのですね、素敵です。
こちらこそ今後ともよろしくお願い申し上げます。
【2009/01/30 15:06】 URL | 江戸っ子若女将 #- [ 編集]

お初です!
ゆきさんブログのリンク集から来ています。
精力的に旅をし、ブログをつづられていますね。
また、お邪魔します。
【2009/01/30 18:50】 URL | 悠々自適 夢通信 #- [ 編集]


大洲城
築城の名人である藤堂高虎や
秀吉が天下を任せたいといった三人の一人である
小早川隆景に縁があるんですね。
是非、行ってみたいですね。
【2009/01/30 22:16】 URL | 勝海舟 #- [ 編集]


コメントありがとうございます。m(__)m
お天気には恵まれませんでしたが、北海道を満喫できた旅行になりました!(^_^)
(ホント、カニが楽しみです…!)

大洲は、鵜飼が有名ですよね。(*^_^*)
【2009/01/31 01:50】 URL | ひで #- [ 編集]

コメント頂き、ありがとうございます。
>悠々自適 夢通信さん、はじめまして
訪問ありがとうございます。
雑多なBLOGですが、今後ともよろしくお願いいたします。

>勝海舟さん、こんにちは
大洲城は小さいお城ですが、心意気を感じる建築です。
肱川の鵜飼いも魅力的ですね。

>ひでさん、こんにちは
こちらこそありがとうございます。
今頃はカニを召し上がっているのかしらん。
【2009/02/03 05:41】 URL | 江戸っ子若女将 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://chuchu10chuouku.blog15.fc2.com/tb.php/222-193679dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

江戸っ子若女将

Author:江戸っ子若女将
東京生まれの東京育ち
 平成の江戸っ子

最近ネイルに凝っています

趣味の盆踊りのため夏中浴衣で過ごし,冬はラグビー観戦,春からはF1を楽しむ他、お能・歌舞伎・クラシックや相撲,オペラ鑑賞にとお江戸を跳び回る一年。
アメリカドラマ好き
実はゲーマー
歴史好きの城マニア
城址・古戦場めぐりが生き甲斐

最新の記事(全記事表示)

最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

RSSフィード
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。