大江戸徒然日記

大都会でありながら、未だに人情ある東京の下町生活をお伝えする江戸っ子若女将の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬には冬のお祭りです

みなさま、こんばんは

昨日11月5日は冬の風物詩、お酉さまの「一の酉」
例年やって参ります11月の酉の日に開催される「酉の市」の初回でございました。

が!コタツを出すことに熱中していた女将は、前日の夜までお酉さまの話をしていたのにも関わらず、うっかりすっかり失念しておりました。
準備のできたコタツに満足してお約束のようにお煎餅やみかんまで並べ、ホクホクとしながら「はっ!」と思い出したのは夜中の2時・・・!

・・・申し訳ございません。
今年は17日、29日に二の酉、三の酉がございますので、その際には是非ご案内申し上げたく存じます。

酉の市とは「酉」を「取り込む」と結びつけて縁起を担いで、商売繁盛を参詣する日。
霜月の12日おきにやって来る酉の日に開催され、その日は順に「一の酉」「二の酉」「三の酉」と呼ばれます。
境内では「かっ込め」と呼ばれる「熊手」が縁起物として威勢の良い呼び声の中で売られ、主にご商売をされている方が「福やお金を掻き込む」という意味で購入されます。
一年間の福を願って店頭に飾られるのが一般的でございます。
大きな熊手に、お福さんや七福神、宝船などの縁起物の飾りがたっぷりと載せられた物、お寿司屋さんやお蕎麦屋さんなどの入り口で目にされたことがお有りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

女将も子供の頃に連れられて浅草まで酉の市に出掛けた記憶がございます。
威勢のいい売り手と買い手の掛け合い、吊るされた裸電球に照らされた派手な飾りの熊手、その雰囲気が面白く、親にねだって自分用の掌サイズの物を買ってもらった記憶がございます。
お札と稲穂が乗っただけの小さなものでしたが、それでも「よよよい、よよよい、よよよい、よい!」と三本〆て渡されたのが誇らしく嬉しかったものです。

そうそう、熊手を購入する際には、売り手と買い手の間で東京にしては珍しく「値切り」の掛け合いが行われるのです。
ですがね、値切って値切った料金で買うものではございません。
例えば1000円の物を500円に値切っても、「釣りはご祝儀だよ、とっときな」と1000円お渡しするのがお江戸流。
値切りのやり取りの面白さを楽しみ、粋な掛け合いを演じるのがいわゆる「通」なのです。
縁起物を値切って買ったりなんぞしちゃぁ、いけません。

最近では値切って、本当に値切りのお値段しか支払わない野暮なお方がおられるようで、値切り自体を行わなくなってしまう傾向にあるとか。
寂しい事ですね。
これがあってこそのお江戸のお祭りなので、皆様もお出掛けになられた際には「野暮」はなさらないで下さいね。
そんな熊手の市がたつ、江戸の昔から受け継がれている11月のお祭り酉の市。

お酉さまと申しますと、やはり酉に因んだ浅草は鷲神社(おおとりじんじゃ)が有名で、例年大変な混雑振りで夜中の12時まで賑わっております。

「お酉さま」の声を聞きますと、急に年末が近付いて師走も間近である事が実感されて参りますのは、新年を迎える準備の始まりを告げる行事だからでございましょう。
我が中央区におきましても人形町の松島神社、築地の波除稲荷神社(なみよけいなり)などで小さいながらも毎年「酉の市」を開催しております。

今年はそちらも覗いてみようかしらん




ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 中央区(東京)情報へ にほんブログ村 その他ブログへ


テーマ:お祭り - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

素敵なブログですね
和風なデザインがイイ感じですね☆
ポチっ!
【2008/11/07 10:24】 URL | 訪問者axe #JNrjWVGA [ 編集]


酉の市、テレビでやっていました。
1年なんて、早いものですね。
【2008/11/07 18:04】 URL | ヤッサン #- [ 編集]


冬のお祭りあるんですね。
こっちにも雪祭りありますけどね^^。
【2008/11/07 20:27】 URL | voyagerおさむ。 #- [ 編集]


「釣りはいらねぇ ご祝儀だよ!!!」
的なところ、江戸気質を感じさせますね。
値切りの交渉そのものを楽しむってところ、粋です。

【2008/11/08 06:31】 URL | づづ☆彡 #m1EVyDXA [ 編集]

皆様コメント有難うございました。
>訪問者axeさん、初めまして。
お褒め頂き恐縮です。
できたらトップのタイトル部分に写真を挿入しようと思いつつ、良い題材が思い付かず思慮しております。
またお時間の有る際にお立ち寄りくださいませ。

>ヤッサンさん、こんばんは
本当に年々早くなってしまうのは、自身の年のせいでしょうか。
歳末が目の前にぶる下がっているような気分です。

>voyagerおさむ。さん、お久し振りです
雪祭り!
そちらも楽しみなお祭りの一つですね。
もちろん食べ物も(笑)

>づづ☆彡さん、いつも有難う。
江戸から伝わる酉の市。
江戸っ子ならではの色があるのが面白いと存じます。
TRYされてみませんか(笑)
【2008/11/08 22:52】 URL | 江戸っ子若女将 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://chuchu10chuouku.blog15.fc2.com/tb.php/209-9dcebce6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

江戸っ子若女将

Author:江戸っ子若女将
東京生まれの東京育ち
 平成の江戸っ子

最近ネイルに凝っています

趣味の盆踊りのため夏中浴衣で過ごし,冬はラグビー観戦,春からはF1を楽しむ他、お能・歌舞伎・クラシックや相撲,オペラ鑑賞にとお江戸を跳び回る一年。
アメリカドラマ好き
実はゲーマー
歴史好きの城マニア
城址・古戦場めぐりが生き甲斐

最新の記事(全記事表示)

最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

RSSフィード
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。