大江戸徒然日記

大都会でありながら、未だに人情ある東京の下町生活をお伝えする江戸っ子若女将の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のお着物です

一目惚れしてこっそりと入手していたものの、なかなか日の目を見る機会のなかった紬に初めて袖を通すチャンスが訪れました。
母上様が「あら?そんなのあったかしら???」と疑問符をいっぱい浮かべて、首をかしげているのを尻目に着てみました。

細かに織り込まれた柄行きが可愛らしいと目に留まってしまった一品ですが、「あら地味ね~」のお言葉に「そう?長く着れそうでしょ」と返しながら着用の本日のお着物はこちらでございます。
        kimono 20081021
チラリと覗く八掛けは渋めの紫。

どんな帯も合いそうな色合いと思っておりましたが存外合わせ難く、あーでもないこーでもないと帯を床に投げ散らかしながら、紺の帯と悩んだ末にこの度はこのような織りの帯を選んでみました。

小物はこのような組み合わせでございます。
  kimono 20081021 2  kimono 20081021 3
いかがでございましょうか。

女将がお気に入りの着物を引っ張り出して出かけましたのは久し振りのこちら
        歌舞伎座
歌舞伎座で玉様を観賞でございました。

劇場でのお着物はいわゆる「ちょいちょい着」の普段着ではいけません。
訪問着とまではいかないまでも、お出掛け着で伺うのが常識と相成っております。

とはいうものの、本来は普段着の扱いである紬。
昔に比べて贅沢品の素養が濃くなり、最近では大島紬などで歌舞伎やお能にお出掛けの方も目立って多くなりましたので、思い切ってこちらで伺って参りました。




ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 中央区(東京)情報へ にほんブログ村 その他ブログへ


テーマ:着物・和風小物 - ジャンル:ファッション・ブランド

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/10/22 11:57】 | # [ 編集]


帯がリッチな雰囲気で本当に素敵です♪
全部揃って、ひとこと!
ゴージャス~・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°
【2008/10/22 12:47】 URL | あんり #- [ 編集]

おー!( ̄0 ̄ )ノ
着物姿、めったに見られないですね、また、着ていくところも無いしo(*^▽^*)oあはっ♪
コッチ向いてえ~( - ゛-) ジッー (;一一) ジィー
【2008/10/22 13:38】 URL | 会長 #Tr5P94Vg [ 編集]

歌舞伎座
こんにちは
歌舞伎座、たてなおすんですね。
こないだ、裏の味助にいったら、しまってたけど、もう休業したでしょうか・・・・・
歌舞伎蕎麦のおじさんは、昔とかわることなくとびまわって蕎麦をつくっておりました。
時間のとまったようなあの一角が好きでしたが、いたしかたありませんね。
【2008/10/22 18:33】 URL | 八歩 #VEIOABK. [ 編集]

都内散策
昨日は都内散策をしてました。
参加者=17人(男6人・女11人)
コース=所沢駅(集合)=>大手町=>将門塚=>竹橋=>皇居=>日本橋=>神田明神(銭形平次)=>御茶ノ水駅(解散)
【2008/10/22 19:51】 URL | たかやん #mUrbDCB. [ 編集]


歌舞伎、生で一度も見たことがないです。
一度は見てみたいですね。
【2008/10/22 22:28】 URL | 勝海舟 #- [ 編集]

コメント頂き有難うございます。
>あんりさん、おはようございます。
お褒め頂き恐縮です。有難うございます。
この帯は意外にも使い勝手がよく、最近は女将のお気に入りとなっております。

>会長さん、こんにちは
そっち向いて…も逃げないでくださいね(笑)

>八歩さん、おはようございます。
歌舞伎座の建て替えにつきましては、中央区の街作り検討会で再三お話を伺っておりますので、追々お話させて頂くつもりでおります。
味助さんは廃業とは伺っておりませんでしたので確認しておきます。

>たかやんさん、おはようございます。
散策と伺って所沢から歩かれたのかと勘違いしてしまいました。失礼致しました。
例年一月四日の仕事始めには大手町の多くの企業さんが参詣に訪れる神田明神です。
甘酒は召し上がりましたか?

>勝海舟さん、こんにちは
ぜひ建て替え前に歌舞伎座を訪れていただきたいものです。
良くも悪しくも古きよき雰囲気のある歌舞伎座です。
幕見ならば一幕だけを安価に見ることができます。
【2008/10/24 04:22】 URL | 江戸っ子若女将 #- [ 編集]

ご無沙汰いたしております。
素敵なお着物姿を拝見させていただきました。
わたしも、紬が好きで何枚か持っています。
ぜひ、来たいと思いました。
帯ひとつで、紬もおしゃれ着になりますね!

こちらは食べ物の話題で申し訳ないのですが、
やっと、カキが入荷したので、岡山名物カキおこのを作りました。大阪風のお好み焼きですが、よろしかったら見にきてくださいね。
【2008/10/24 09:32】 URL | ユーカリ/momoha153 #8.yyeVFg [ 編集]

ユーカリさん、お久しぶりです
コメント頂きありがとうございます。
女将も紬は大好き。
今回は違いますが特に軽くて着心地の良い大島紬が好きです。
本日はこちらも生牡蠣と牡蠣の昆布ジメを頂きました。
「牡蠣おこの」も興味深い一品ですね。
豚肉も載せるところが驚きです。
【2008/10/25 02:21】 URL | 江戸っ子若女将 #- [ 編集]

白大島はいかがでしょうか?
すみません。前のコメントの「来たい」は『着たい』でした。大島紬も、3枚持っていますが、泥染めの重たい感じが着にくくて、白大島を今度来てみようと思います。
髪を、ショートにしてしまったので、美容院にカットに行くときに、ちょっとセットしてもらって・・・母と一緒に倉敷の旅館の御昼(5000円ぐらいです)でも、と思っています。旅館のお料理って、工夫が凝らしてあって、参考になります。もっとも、ユーカリはカレー屋ですが・・・
【2008/10/25 13:04】 URL | ユーカリ/momoha153 #8.yyeVFg [ 編集]

ユーカリさん、こんばんは
お母様と和装で旅館の昼食を、なんて素敵ですね。
泥の大島は女将が江戸小紋の次に欲しいと思っている品です。
女将の大島ラインナップに残念ながら泥はないんですよ~羨ましい。
帯や小物の組み合わせで雰囲気を変えられるのもお着物の楽しみの一つですから是非工夫してお召しになって下さい。
コメント有難うございました。
【2008/10/27 23:27】 URL | 江戸っ子若女将 #- [ 編集]


紬で歌舞伎座・・・・それがオシャレな時代になったのですね。江戸っ子若女将さまのような方の着こなしのセンスの方なら、紬以外もさぞかし映えることでしょう。拝見したいです。これからもどんどんお写真をアップして下さったら、皆様もどんなにか心躍らせられることか。
着物も久々に着てみようかなという思いになりました。母の形見に紬が多かったのに、何となく着る気持ちになれないままでした。
【2008/10/28 09:31】 URL | Ms gekkouinn #LXSyHcIc [ 編集]

Ms gekkouinnさん、コメント有難うございます。
お着物のリクエスト、有難うございます。
お褒め頂き恐縮です。今後も積極的に着物のご紹介をさせて頂く様に致しますね。
お母様の形見の紬は、是非袖を通して差し上げて下さい。
きっとお母様もお着物もお喜びになると存じます。
【2008/10/29 01:18】 URL | 江戸っ子若女将 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://chuchu10chuouku.blog15.fc2.com/tb.php/200-80254b4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

江戸っ子若女将

Author:江戸っ子若女将
東京生まれの東京育ち
 平成の江戸っ子

最近ネイルに凝っています

趣味の盆踊りのため夏中浴衣で過ごし,冬はラグビー観戦,春からはF1を楽しむ他、お能・歌舞伎・クラシックや相撲,オペラ鑑賞にとお江戸を跳び回る一年。
アメリカドラマ好き
実はゲーマー
歴史好きの城マニア
城址・古戦場めぐりが生き甲斐

最新の記事(全記事表示)

最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

RSSフィード
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。