大江戸徒然日記

大都会でありながら、未だに人情ある東京の下町生活をお伝えする江戸っ子若女将の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えば、EVA?、エヴァ?、絵羽でございます。

本日の浴衣でございますが・・・
 yukata 20080725 ebayukata 20080725 eba2
やっと宿題にお答えできますが、こちらがいわゆる「絵羽」の浴衣でございます。

紺白の揃いの浴衣は各地の町会さんや各種団体の揃いの浴衣として皆様ご覧になっている事とは存じますが
       eba 
このように柄行がお着物の訪問着と同じ規則で、左肩から袖に流れ、右袖と裾にも流れるように柄の配された物が「絵羽」と申します。

浴衣はあくまで浴衣なのですが、言うなれば「浴衣の訪問着」とでも申しましょうか。
ご当地での盆踊りの他に、本日のようにご近所の他地区の盆踊りなどに遊びにお伺いさせていただく際に揃いで着用致しております。

お互いに「どこそこの人が来た」というのが一目で分かる訳ですね。
お祭りの際に神輿の方々がお召しになる半纏にも通じる事と存じますよ。

ちなみにこちらは母上が本日着用予定の物
     eba2絵羽だからと言って紺白ばかりではございません。
あくまで所属する地区や団体の「揃い」のお仕立てなのです。

この絵羽の浴衣、通常の物に較べてお仕立て代がお高いというのも、こうしてご覧頂ければお分かり頂けましたでしょうか?
どこで裁断しても同じ通常の反物に比べ、全ての柄行が合うように裁断・縫製しなければなりませんので、お仕立て代もそれなりにお高くなってしまうのです。
倍とまではいかないまでも、3~5割増し位の目安になるかと存じます。

では、今日も、行って参りま~す!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 銀座情報へ にほんブログ村 その他ブログへ

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

浴衣・・・
何にも知らないことだらけv-353
いろいろあるわけですね^^
どこの誰・・・が来たってわかるって凄いものだなって思います^^;
【2008/07/26 06:15】 URL | 1xclick #- [ 編集]

こんにちは。
【ゆかた】と言っても、奥が深いものなんですね。
しかしながら、この絵柄は、『粋』な感じがしますよね。
だから、各町内会なんかで盆踊りのユニホームみたいに、皆揃えるのかナ~!
白地も良いですけれど他の色も良いですよね。
【2008/07/26 18:45】 URL | ヤッサン #- [ 編集]


はじめまして^^
悠里と申します。
私的には、浴衣以上に
着ている方がすてきだなと・・・・ヽ(゚・^*)^☆.。.:*・゚
【2008/07/27 16:33】 URL | 悠里 #H84T0CS. [ 編集]

コメント頂き、ありがとうございます。
>1xclickさん、こんにちは
そうですね、この絵羽の浴衣には地域名などは染めていないのですが、多くは町名などを入れたりもしておりますよね。
旅館の寝巻きと似たようなものかしら・・・

>ヤッサンさん、こんにちは
この意匠は「吉原繫ぎ」と申します。
シンプルでもなかなか粋でございましょ?

>悠里さん、はじめまして
お褒め頂き恐縮です。
和装は自然に身のこなしやしぐさも女性らしい物にしてくれますので、女度アップするようですね(笑)
【2008/07/29 10:33】 URL | 江戸っ子若女将 #- [ 編集]


この浴衣、お祭りの雰囲気たっぷり!! 夏の雰囲気漂ってきます。
【2008/08/09 20:10】 URL | min #- [ 編集]

minさん、こんにちは
訪問、コメントありがとうございます。
絵羽の浴衣は着る機会も限られておりますが、逆にシーズンならではの雰囲気を持ち合わせているのかもしれません。
【2008/08/10 13:07】 URL | 江戸っ子若女将 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://chuchu10chuouku.blog15.fc2.com/tb.php/146-dc6e28b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

江戸っ子若女将

Author:江戸っ子若女将
東京生まれの東京育ち
 平成の江戸っ子

最近ネイルに凝っています

趣味の盆踊りのため夏中浴衣で過ごし,冬はラグビー観戦,春からはF1を楽しむ他、お能・歌舞伎・クラシックや相撲,オペラ鑑賞にとお江戸を跳び回る一年。
アメリカドラマ好き
実はゲーマー
歴史好きの城マニア
城址・古戦場めぐりが生き甲斐

最新の記事(全記事表示)

最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

RSSフィード
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。