大江戸徒然日記

大都会でありながら、未だに人情ある東京の下町生活をお伝えする江戸っ子若女将の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸っ子若女将四国を行くシリーズ~大洲編その1 大洲到着目指せ肱川!

愛媛県大洲市。
県の西部に位置し、肱川(ひじかわ)一帯の中心都市で、実は鎌倉以前から開拓が進んでいた地域。

魚梁瀬山(やなせやま)のドルメンやストーンサークルも興味深いものがございますが、この度は城好き女将にとって一番の歓心事である大洲城と中江藤樹ゆかりの場所へ。

伊予大洲駅に降り立ち、真夏のような暑さの中ひたすら城を目指して人通りの少ない道を汗を拭き拭き歩いていると、植木の手入れをされていたご婦人に呼び止められました。
「お姉さん、何処から来たの?そりゃあ遠くからだね。日陰を行きなさいよ」と、どうやら慣れない標準語を駆使して話しかけて下さった様で、四国の方の「御接待精神」を垣間見た思いが致しました。

鵜飼と申しますと、岐阜、長良川のイメージが強くございますが、肱川も日本三大鵜飼の名所である事を今回の旅で初めて知りました。
肱川橋から大洲城を望むと大洲城と肱川
木陰にチラリと見える平山城。清流肱川には沢山の屋形船が停泊しておりました。
前述のご婦人によりますとシーズンともなれば、紅提灯を掲げた船が行き交うそうでございますよ。
シーズンでないのが残念です。

大洲城 南隅櫓天守に向かう前に、南隅櫓を訪問。
小さな敷地はベンチの置かれた憩いの場所となっており、高校生が長閑にアイスキャンディを手に集っていたのが本当に羨ましい暑さでございました。

さて、この近辺に中江藤樹の生家「至徳堂」があるはずなのですが・・・見つかりません。
駅で頂いたイラストマップで見ると高校に面しているようなのですが、前述の高校生諸君の通っていると思しき大洲高校の周りをぐるぐるグルグル・・・一体全体どこなんでしょう?

暑さに頭をやられたのかと、ふと不安が過ぎり通りすがりの学生さんに尋ねたところ、なんと高校の敷地内にあるので用務の方をお訪ねするようにとの事でございました。

校舎に向かいましたがタイミング悪しくご不在のようで、クラブ活動に精を出す学生さんを尻目に勝手に立ち入る訳にもいかず断念。
女将、四国で最初の無念でございます。

では、気を取り直して天守を目指す事にいたしましょう。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活ブログへ にほんブログ村 その他ブログへ

にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ にほんブログ村 地域生活ブログ 銀座情報(東京)へ





テーマ:国内旅行記 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント


こんにちは~♪
大洲城は最近、大掛かりなリフォームを終えまして
なんか、古さというか渋さが薄らいできたような気がします…
たしかに、綺麗にはなっているんですがねw
どう感じましたでしょうか?

初コメント…少し…o(;-_-;)oドキドキ♪
【2008/07/12 00:12】 URL | アスチョロ #- [ 編集]

アスチョロさん、おはようございます。
初コメント、読者登録ありがとうございます。
次は必ず木目も新しい大洲城のご紹介をさせていただきますので、少々お待ち下さいませね。
今後ともよろしくお願いいたします。
【2008/07/12 06:11】 URL | 江戸っ子若女将 #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/07/12 15:08】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://chuchu10chuouku.blog15.fc2.com/tb.php/136-42f60289
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

江戸っ子若女将

Author:江戸っ子若女将
東京生まれの東京育ち
 平成の江戸っ子

最近ネイルに凝っています

趣味の盆踊りのため夏中浴衣で過ごし,冬はラグビー観戦,春からはF1を楽しむ他、お能・歌舞伎・クラシックや相撲,オペラ鑑賞にとお江戸を跳び回る一年。
アメリカドラマ好き
実はゲーマー
歴史好きの城マニア
城址・古戦場めぐりが生き甲斐

最新の記事(全記事表示)

最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

RSSフィード
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。