大江戸徒然日記

大都会でありながら、未だに人情ある東京の下町生活をお伝えする江戸っ子若女将の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1観戦記? ~F1会場はこんなもの

本日もご質問にお答えさせて頂きます。

「女将さん、F1記事は本戦開始で終わりですか?」

そうですね、スポーツの試合内容や結果につきましては、色々なところでレポートがなされており、専門性の強い内容を語れる程に知識の深い女将ではございませんので、いつも遠慮させて頂いております。
女将の目線で見たラグビーやF1の世界をお伝えしている訳ですが、「本戦スタートです!」で終わりでは尻切れトンボになりますので、最後の観戦記?をUPさせて頂きましょう。

F1の観戦は、座席で試合を楽しむだけのスポーツ観戦と違い、「F1博」とでも呼びたくなるような一大イベントでございます。

各参加チームやメーカーさんがパビリオンよろしくブースを設け、その技術の粋を集めたレースカーや部品を展示したり、時間ごとにイベントを開催したり・・・
McLAREN MERCEDES TOYOTAブース Ferrari

レースカーに乗っての写真撮影にクイズ大会、ドライバーのインタビューにじゃんけん大会、応援グッズやフラッグが配られたり、マスコットやレースクイーンのようにメーカーの衣装を身に着けた綺麗なお嬢さんも登場。

各チームのオフィシャルショップやスポーツメーカーさんのグッズ販売、食べ物の屋台に地元の特産品販売。

F1そのもののレースが無い時間帯には、違うステージのレースが開催されます。
ポルシェのレースはF1カーの合間に拝見いたしますと、まるで「チョロ○」のよう!

世界で一番有名なネズミの国のようなテーマパークさながらの雰囲気に、アドレナリンは日に日に体内から溢れ出すようになると同時に、金曜のフリー走行から土曜の予選、日曜の本戦とレースの緊張感が高まって、そのテンションが最高潮に達した頃に本戦を迎えるのでございます。
興奮のうちにスターティンググリッドに並んだ20台のエグゾーストが響き渡り、手に汗握りながら目を離せないレースの幕が切って落とされます。

直後の何が起こるか分からぬ第一コーナー。
周回が回を重ね、10,20,30・・・と300kmを走破するまで本当に本当に「あっという間」
溜息ほどの時間のうちに過ぎ去ったようなレース結果を胸に各々帰路につく・・・となりそうですが、実はレース後にも楽しみがございます。

観戦中は各観客席入り口にはゲートが設けられ、そのエリアのチケットを持った者しか入場することができません。
ところが、レースが終了いたしますとこのゲートが取り払われ、どのエリアにも入ることができるのです。
当然のことながら女将が目指しますのはメインスタンド。
目の前はスタートとチェッカーフラッグの振られるゴールを見ることのできるメインストレート。
向かいにはタイヤ交換や給油のピットインに使われるチームのピットが並び、表彰台も眺められる一番お高い料金の座席でございます。

       ピットレーン
終了後でも車体はまだピットレーンに止められ、片付けに立ち働くピットクルーの姿や優勝したドライバーがカメラマンに取り囲まれインタビューされる様子を目にすることができます。

そしてそのうちにコース上では
        オークション
これからインターネット上で開催されるオークションにドライバーが出品した品々の紹介や、ドライバーインタビューのイベント。

次第に価格破壊を起こすフードスタンドの豚汁やラーメンなど啜って暖を取りながら、メインスタンドの光景を堪能しておりますと、最後にはモニターで先程終了した日本GPの放映が始まります。

余韻を噛み締めながら見逃したシーンや入賞ドライバーのインタビューを眺め、今年の日本GPの終了を実感して、やっとサーキットを後にする事ができる女将でございます。

終わっちゃった、でも今年も楽しかった!
興奮に包まれていた三日間には目に入らなかったけれど、サーキット場内の木々が紅葉に色付き始めていたことにやっと気付いて季節の移り変わりを感じるのでした。
明日からまたヘソクリを貯めて来年も見るぞ~と満足のうちに女将のF1観戦記?も終了。

唯一の心残りは、FSW名物のこちらを食べられなかったことかしらん
       FSW名物




ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 中央区(東京)情報へ にほんブログ村 その他ブログへ


スポンサーサイト

テーマ:F1グランプリ - ジャンル:スポーツ

F1観戦記? ~その3、いよいよ本戦当日です

ステーキ食べたい・・・鰻が食べたい・・・
回復とともに普段の食欲も盛り返し、スタミナ食を求める体に我ながら苦笑を禁じえない女将でございます。

お休み中も暖かいコメント、メッセージの数々を頂きましてまことに有難うございました。
この通りの回復を見せておりますので、ご安心くださいませ。
また、気候が不順な昨今ですので皆様にもどうぞご自愛のほど・・・

週末には既に中国GPも終了、残すところ最終戦のブラジルGPのみとなっておりますF1サーカスですが、遅ればせながらも女将の見た日本GP観戦記?を順次UPして参りますので、よろしくお願いいたします。

**********************************************************

さて、早朝は肌寒いながらもどうやら雨にはならずに済みそうな雲行き。
お山の上の事だから、山ノ神のご機嫌次第で天候は変わるであろうけれど、降られずに過ごせることを期待して臨んだ最終日は、F1日本GP、本選への出陣でございます。
FSWの空は怪しい雲行き怪しい雲行き


トヨタさんのご招待であったのでしょう、揃いのトヨタキャップを被り大型バスで次々に乗り付けていた大勢の地元の小学生らしき団体さんが前日まで女将のお隣の座席ブロックを埋めておりました。
本選日は遠足ムードも姿を消し、沢山のトヨタ勢の応援旗が掲げられ、覗き込むと同じ赤のティフォシ(フェラーリファン)に負けじと赤、赤、赤の波、トヨタムード一色の様相でございます。
トゥルーリ頑張れ、グロック頑張れ

トヨタさん、紛らわしいからチームカラーは変えた方がいいのにね。

午前中はイベントブースを見て回っておりましたが、前日までに比べやはり人出は最高潮!
最終日 記念撮影
そんな中、ボランティアさんにこんな記念撮影もして頂きました。

そろそろ食料を仕入れて座席へ向かおうかと物色しておりましたら、押し寄せる人並みに何事かと思ったら今年度で引退を表明しているデイビット・クルザードが目の前を横切りビックリ。
ヨーロッパ女性には一番人気というだけあって素敵でした。
長年、女将の応援するマクラーレンでもドライバーを務めていた彼の引退は女将にも寂しいものがございますが、最後に身近に拝見できてよかったです。

座席へと向かう途中ではご自分でハンドルを握って入場するルーベンス・バリチェロに遭遇。
その頃キミ・ライコネンもメインゲートを通過とは友人からの速報メール。
俄然気分が盛り上がって参ります。

鈴鹿ではいわゆる「入り待ち・出待ち」スポットがあり、多くのファンが車やスクーターで敷地内を移動してやってくるドライバーを目撃でき、またドライバーさんもレース前にも関わらず気安く手を振ってくださったりしたものですが、FSWではそういった楽しみは薄いようですね。
こうした偶然のなせる業に歓声を上げるのみです。

歩道は完全に左側通行が徹底されておりましたので、やって来る車に背を向ける形で車道側を歩く方々はほとんどお気付きでないようで、反対側からバリチェロに手を振るのも目敏い女将だけでした。
バリチェロさんもさびしかったかな?

こうして徐々に本戦に向けて気分も盛り上がっていくなか、お昼にはオープニングセレモニーに地元の富嶽太鼓さんの演奏があったり、地元出身のオペラ歌手さんによる国歌斉唱があったり、しかしやはり一番盛り上がるのはこちら

ドライバーズパレードドライバーズパレード

トラックの荷台に乗せられたドライバーがコースを一周。
気温15度、バリチェロさんはフードを被ったまんま・・・一番こういったイベントを嫌いそうなライコネンが意外にもよく手を振って観衆に答えていたのが印象的です。
そして中嶋Jr・・・お隣のドライバーとしゃべりっぱなしで、顔も背けたまま手だけ振られても・・・
折角のホームグランプリ。
佐藤琢磨以来の日本人ドライバーを応援しようと迎えているファンに対して失礼ですよ・・・
こういう時でないとできないドライバー同士のお話もあるのでしょうが、女将の座席周辺にも「KAZUKI」キャップを被った沢山のファンの方がいらっしゃりフリー走行時から周回の度に手を振ったりホーンを鳴らしたりされていましたので、残念に思います。
琢磨さんはいつも一生懸命ファンに応えてくれたのにね。。。

と、気分は盛り上がったり盛り下がったりしながらも、ひざ掛けにストールまで巻き、暖かい缶コーヒーで暖を取りながら、いよいよ本戦スタートは間近です。




ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 中央区(東京)情報へ にほんブログ村 その他ブログへ




テーマ:F1グランプリ - ジャンル:スポーツ

F1観戦記? その2 ~座席はこんなところ

明くる10月11日(土)、F1予選の開催日は朝から生憎の雨模様。
前日は日焼するほどの暑さで半袖で過ごしておりましたが、この日は長袖の上になんとダウンを着込んでの観戦と相成りました。

それでも朝からFSW入りしてコースの外周を一周。
他の座席からの眺めはどのようなものかしらん、とすでに次回開催に向けてリサーチなどを致しておりました。

そうそう、前日に敷地内を移動しておりまして、大人数が移動するルートに車道を横切らねばならない場所がございました。
空いているフリー走行日は兎も角、明日以降は日に日に来場者が増えるのに警備員さんを置くだけで大丈夫なのかしら?と思っておりましたら
翌日にはこのようにしましま
新しく白線が引かれ、信号はなく警備の方の誘導での横断ではありますが、ちゃんと横断歩道として機能しておりました。
これで違った場所から強引に渡る方も出ませんね、ホッとしつつ、ここでもトヨタの本気を感じる次第。

昨年の観戦につきましては不手際も不都合も多かったFSW。
このままでは後がない・・・、と主催者サイドも切羽詰った状況でございましょう。

さてさて、観戦席をご案内いたしますと
        FSW座席
三日間通しで五万円代の座席も、メインスタンドではないのでこうした仮設のベンチシート。
シートクッションが不可欠なのもお分かりいただけますでしょう?
   
女将の席からの眺めはP席からの眺め
左がホームストレート、スタート・ゴールの地点です。
速さは体感できるもののブーンと車が通り過ぎてしまうだけのエリアに比べて、クネクネと標高差を利用したコーナーをやって来るF1カーが一気に加速して行く姿を見れますので、なかなかに良い選択だったかと存じております。

TOYOTAの二台が思わぬ好成績で予選を終え、マクラーレン勢がPP(プールポジション、一番のスタート位置)をゲットし、明日の本選に夢を描きながら雨のFSWを後にした土曜日でございます。




ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 中央区(東京)情報へ にほんブログ村 その他ブログへ



テーマ:F1グランプリ - ジャンル:スポーツ

F1観戦記?~富士にトヨタの本気を見る~

あっという間の三日間を終えて、無事お江戸に帰って参りました。

昨年の日本GP予選日には、帰りのバスがやって来ず、足元も見えない暗さの雨の中来ないバスを待つこと3時間あまり。
何の説明も案内もなく「F1だから待つのも込むのも当たり前」とは言え、不安な気持ちを抱えてトイレにも行けず水も飲めず空腹を抱えて・・・あれは少々辛いものがございました。

今年はどうなることやらと、レースそのものと同じくTOYOTAさんがどれだけの工夫をしてきてくださったものか、興味を持って踏み込んだ富士スピードウェイ。

全体として申し上げるならば、大変良かったです。

金曜のフリー走行日、バス乗り場に向かったその時から、昨年とは比べ物にならないスタッフさんの対応振りとその人数の多さに、TOYOTAさんがいかにソフト面という数字で表すには難しい面でも向上を図ろうと努力された片鱗がうかがえました。

乗るときも降りるときもすれ違うすべてのスタッフさんから「おはようございます」とにこやかな挨拶が続き、こちらも「おはようございます」と元気に挨拶を返したくなってしまう朝の始まり。
気分の良いものです。
        金曜フリー走行日
後から思えば、雲がかかっているものの富士山を目にできたのはこの時だけだったのですが、初日は天候にも恵まれ気持ちの良いグランプリスタートとなりました。

途中行き交うバスをカウントしたり、無線でゲートに知らせたり、ガラス張りの事務所から到着バスを確認したり・・・バスの誘導に赤い棒を振るスタッフさえも、自分の仕事が分かって行動している安心感を感じました。
昨年のイベントの寄せ集めとは違う!とサービス業の鼻が匂いを感じます。

そしてサーキット内の各所では
雨よけスペース 雨よけスペース2 雨よけスペース3
このような大小様々な雨よけスペースがあちこちに設けられておりました。
ベンチも増やされ、大きな外灯も増やされていたのが目に付きます。

翌日のスポーツ紙には「F1で雨が降れば濡れるのは当たり前。富士ってなんて贅沢なんだろうと思いました」という女性のコメントが掲載されておりましたが、本当ですね。

こちらも観戦に伺うからには必ず雨の降る富士のこと、様々に寒さ、暑さ、天候への対策を立てて望んでいるのですが、こうして観客の立場に立った出来得る工夫をして下さっていると、ここでもTOYOTAの本気を感じます。

雨が降れば濡れるのは当たり前、スペースもなく立ち食いや地面に座り込んでの食事も当たり前、ゴミ箱が溢れかえるのも、路上にゴミが散乱するのも、トイレの行列も・・・
今までF1の開催地で当たり前になっていたこうした状況も改善されていたのは嬉しい事です。

何万人も押し寄せているのですから、全員が座って食事ができるだけの数はそろっていなかったものの、そこはこちらも座席でお弁当をいただいたり、ちょっと時間帯をずらしたりとの工夫で対応できます。

雨の予選日には、まだ観客の現れていない座席を何度も何度もモップで拭いている姿も目に致しました。完全に乾く筈はなくとも水溜りのようになってしまった席に座るのとはわけが違います。
昨年同様にトイレで一度も並ぶこともなく、ゴミがゴミ箱から溢れるのを一度も目にすることなく「ここはディズニーランドか?」と思いたくなるほど清掃も行き届き、来ている方にも笑顔の多いFSWでした。

混雑にヘトヘトになり目の吊り上がった集団の中で過ごすことの多かったサーキット。
こんなに沢山の方が心に余裕をもって笑顔で観戦に望め、レースを楽しむことができるとはなんと有り難いことでしょう!

帰りには「お疲れ様でした、明日もお待ちしております」との言葉に
「あなたも遅くまでありがとう、また明日ね」と返事を返して宿に向かう女将でございました。




ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 中央区(東京)情報へ にほんブログ村 その他ブログへ


テーマ:F1グランプリ - ジャンル:スポーツ

F1,観戦中でございます。

こちらは予約投稿です。
今頃は女将はFSWにて大興奮状態でF1日本GPを観戦中かと存じます。

できましたら携帯にてホットなニュースをお伝えいたしたく存じておりますが、昨年は雨のため、携帯が駄目になってしまったけいけんがあり、どうなる事やら・・・

皆様のコメント、メッセージへの返信と、ご訪問は連休明けになる予定です。

よろしくご承知おき頂きたく、お願い申し上げます。

一応おいておきます。



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 中央区(東京)情報へ にほんブログ村 その他ブログへ


プロフィール

江戸っ子若女将

Author:江戸っ子若女将
東京生まれの東京育ち
 平成の江戸っ子

最近ネイルに凝っています

趣味の盆踊りのため夏中浴衣で過ごし,冬はラグビー観戦,春からはF1を楽しむ他、お能・歌舞伎・クラシックや相撲,オペラ鑑賞にとお江戸を跳び回る一年。
アメリカドラマ好き
実はゲーマー
歴史好きの城マニア
城址・古戦場めぐりが生き甲斐

最新の記事(全記事表示)

最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

RSSフィード
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。