大江戸徒然日記

大都会でありながら、未だに人情ある東京の下町生活をお伝えする江戸っ子若女将の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秩父宮観戦記? ~春遠からじ あれ?勘違い??

PC不調につき、ご無沙汰しておりました。

まずは2月8日、ラグビー話題の話題から順にお送りいたします。

********************************************************************

さて、東芝ブレイブルーパスの今シーズン最後の公式戦となりましたマイクロソフト杯決勝戦。
女将はもちろん観戦に秩父宮ラグビー場へと混雑する青山をテクテクと行って参りました。

*現在はクリスチャン・ロアマヌ選手のB検査の結果も明らかとなり、処分がなされております。
また、事態を受けて日本選手権の出場を辞退した東芝ブレイブ・ルーパスには今シーズン最後の公式試合となったマイクロソフトカップでございます。
この時点では検査の結果待ち。不安を抱えながらの東芝戦でございました。

今シーズン中、何度も勝敗を分けてきた東芝ー三洋電機戦。
ジャパンラグビートップリーグ2008-2009 プレーオフトーナメントマイクロソフトカップ ファイナルは今シーズン最多の17000人以上のファンがつめかけた秩父宮ラグビー場で開催されました。

場内に入場した東芝ブレイブ・ルーパス陣営は、まずはいつものようにバックスタンドの応援団にご挨拶に向かいましたが、途中冨岡選手に促されまずは三洋電機サイドに深々と頭を下げておりました。
神妙な様子に三洋電機ファンから「東芝、がんばれ」という声が掛かり、拍手を受けていたのは印象的でラグビーファンである事を嬉しく思う一幕でございました。

ゲームは17-6、東芝が2シーズン振り4度目の優勝を果たす結果となりました。

が・・・
勝利の瞬間に膝をついて地面に手をつき涙する広瀬主将、ベテランの渡辺マンキチさんも涙をこらえるように空を仰ぎ、動きを止めたどの選手にも笑顔はなく、勝利チームとは思えぬ様子でございました。

舞台が表彰式に移っても、差し出されたスタジアムコートを拒みユニフォーム姿のまま腕を組んで仁王立ちして空を睨む冨岡前主将、賞状を受け取って一瞬だけ笑顔になり空にかざした広瀬主将も我にかえったように真顔になり手を下ろしてしまいます。
カップを贈られても神妙な面持ちの各選手には最後まで笑顔はありませんでした。

信用を取り戻すべく、真摯に事態を受け止めていることを礼儀を尽くして誠実な態度で示そうとする東芝陣営は哀れにも思えるほどでございました。
二度に渡ってシーズン中に起きた不祥事がどちらも新入部員の起こした事件であることを思うと、長年の東芝ファンである女将などに取りましては悔しくも思える出来事でございます。

まさか廃部と言う事はなかろうと思っても、低迷する業界の実情を思うと不安も感じ、せめて女将にできますのは「頑張れ」の気持ちを送ることと、新しいPCに東芝DYNABOOKを選ぶのみ・・・
弟君にたしなめられながら黒くてツヤツヤのボディを撫で回し、「びすただ、びすただ!」といじくり回す今日この頃でございます。

帰りがけにふと見やった場内練習場の片隅が、何やらピンク色・・・
梅と桜!?
手前の白梅には、まだ蕾がついているというのに、どうした勘違いか桜が花開いておりました。

近付いてみますと
やはり桜
こんなに満開の様子
2月に満開!?
例年早い開花のこの桜ですが、まさかに二月中にこのように咲き誇るとは思ってもみませんでした。

春遠からじ・・・その思いをかみ締めて今シーズン最後の秩父宮ラグビー場を後にした女将でございます。




ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 中央区(東京)情報へ にほんブログ村 その他ブログへ


スポンサーサイト

テーマ:★ラグビー★ - ジャンル:スポーツ

ここから先はケ・セラセラ~秩父宮観戦記?外伝~

悲しいかな、我が東芝ブレーブルーパスにおきましては、今シーズン二度目の不祥事が発覚した週末でございました。

1月4日にヴィヴィリ・イオンギ選手が窃盗事件で検挙された際には、「それ誰?」と聞かれるほどに公式戦にベンチ入りを見たことのない新入部員であることも手伝ってか、本人の退部、部長辞任、監督の謹慎処分という結果を見たわけですが・・・

その後の東芝は眼に見えて結束を固め、ゲーム中の集中力には眼を見張るものがございました。
それが証拠にそれからのブレイブルーパスは上り調子で、1月12日に味の素スタジアムで行われた東芝ーサントリー戦などは、好カードに接戦を期待したファンを裏切るほどの快勝(61-5)。
事態を真摯に受け止めているかのような試合振りとその姿勢に安心感を得るとともに、苦境もカンフル剤になったのであれば、とファンも納得をし始めた矢先の今回。

この度はトップリーグで最多トライゲッターを賞されたクリスチャン・ロアマヌ選手の大麻疑惑でございます。
当該のサントリー戦が行われた1月12日のドーピング検査により、大麻に含まれる物質が検出され、現在は再検査の結果を待って暫定的資格停止処分となっており、本人は心当たりがないとし家宅捜索でも何もでなかったそうですが・・・チームは「再検査で陽性反応が認められ、同機構で資格停止処分が確定した場合は、東芝ラグビー部として『第46回 日本ラグビーフットボール選手権大会』を辞退する」との見解を示しております。

本日の秩父宮ラグビー場におきましては、そちこちでラグビーファンが東芝について語る噂が耳に入って参りました。
大方の見解では既に日本選手権欠場が決定事項として語られており、外国人選手の度重なる不祥事に
「東芝選手のメンタル面が危ぶまれる」
「部長・監督・コーチなど選手意外にも多大な影響を残し、チーム存続が心配」
と同情的なものが大半でございました。

けれど反面
「ラフプレーによるシンビン(イエローカードによる10分間の退出処分)が多いロアマヌはやはり大麻を常用していたのか」
「まさかと思うが他の選手陣は?」
というささやきも聞かれ、長きに渡って東芝ファンを続けてきた女将も悲しい気分になってしまいました。
先週の冨岡選手の笑顔が思い出され涙がチョチョ切れてしまいます。

まだ再検査の結果も出ていない事だし、何かの間違いであって欲しいと願いたいものですが、現役で活躍する選手の不祥事にショックを隠し切れません。
それでも普段からファンを大事にしてくださる東芝ラグビー部の皆様をこんな時だからこそ支えられるファンでありたいとも思うのです。

明日の秩父宮ラグビー場では、プレーオフトーナメント・マイクロソフトカップ決勝。
東芝ー三洋電機という勝敗を分けてきた対戦は激戦が予想されるカードであり、日本選手権を目前にもしかしてもしかしたらきっと今シーズン最後の試合となってしまうであろう東芝戦。

今頃は眠れぬ夜を過ごしているかも知れぬ選手の心を思うといたたまれない気分になってしまうのですが、ここから先はケ・セラセラ。
なるようにしかならぬ、と腹をくくって迎える決戦前夜でございます。




ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 中央区(東京)情報へ にほんブログ村 その他ブログへ


テーマ:★ラグビー★ - ジャンル:スポーツ

またも秩父宮観戦記?~マイクロソフトカップ~

朝から木造の我が家が揺れるほどの強風。
今日はのんびり一日TVでラグビー観戦だ!とコタツにみかん、コーヒー、PCを用意して、すっかり「コタツムリ」になりきるつもりの週末でしたが・・・
午前中に東芝ーサンヨー戦の再放送を見るうちに、どうもムズムズしてしまいまして「やっぱり行くぞ!」と慌てて身支度を済ませ、銀座線に飛び乗りました。

そうです。行きました。行って参りましたよ、ラグビー!マイクロソフトカップ、秩父宮!

お天気には恵まれたものの、風の吹きすさぶ一日。
バタバタと音を立ててはためくフラッグもクルリクルリと頻繁に向きを変え、球技には有利なのか不利なのか、見る者にとりましては日差しがなければ身に沁みる寒さとなってしまいそうな日和でございました。
花園ラグビー場のように、コタツ観戦席があったらいいですね。
 20090201秩父宮 20090201秩父宮2

20090201秩父宮3なかなかに座席の埋まったバックスタンドでは、
トライが決まる度にニョッキリと現れる赤い旗の波が風に煽られ揺れておりました。
勝敗は我が東芝ブレイブルーパスの勝利となった東芝ー神戸製鋼戦でございましたが、両チームともにチームカラーは「赤」でございますので
それだけを見ますと神戸製鋼はコベルコスティーラーズか、東芝ブレイブルーパスか、どちらが得点したのか分かりかねます。

ノーサイド後には、勝った後でも負けた後でも東芝さんは毎度のファンサービス。
 20090201秩父宮4 20090201秩父宮5
相も変わらず「閉門時間で~す」というお兄さんの声を尻目に、選手とのやり取りが続いておりました。参照記事
女将はと申しますと、東芝一サービス精神旺盛な冨岡前キャプテンに携帯カメラを向けパチリ。
20090201冨岡鉄平「待ち受けにしちゃいますよ」と申し上げましたら
すかさず着ていらしたスタジアムコートを脱ぎ捨てて、笑顔でお答え下さいました。

また、帰りに立ち寄りましたカフェでは、偶然にもスティーブン・ベイツ選手が現れ、取材でしたのでしょうか、あるいは打ち合わせでしたのでしょうか、熱心にお話をされておられました。
お話の途中でもサインや写真、握手を求めるファンに嫌な顔一つせず笑顔で応じる姿が微笑ましく、そのようであればこそ、見守るファンの方々もお邪魔にならぬよう気遣う姿が見受けられ、試合結果もさることながら締めくくりにこういった姿を拝見して、本当に気持ち良い観戦の一日となったのでございます。

マイクロソフトカップ、そして日本選手権という大舞台を残すのみとなりましたシーズン終盤。
毎週通うことになりそうなラグビー観戦ですが、最後までこのまま気持ちよく楽しませて頂きたい物ですね。




ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 中央区(東京)情報へ にほんブログ村 その他ブログへ


テーマ:★ラグビー★ - ジャンル:スポーツ

風と雲とラグビーと。

2009年1月2日

例年の如く年明けのこの日はラグビー大学選手権準決勝。
国立競技場で開催の、決勝進出チームの決まる二試合が見られるこの日程は、年明け早々ながら毎年なかなかの盛況振り。
        20090102国立競技場
女将にとりましても毎年恒例のラグビー観戦の皮切りでございます。

本年度は、東海ー早稲田、法政ー帝京の二試合。
もう既にファンの方は結果をご存知でしょうが、前評判の通り早稲田大学、帝京大学が勝ち進み1月10日の決勝で対戦する運びとなりました。
  20090102東海ー早稲田 20090102法政ー帝京

実力差を歌われながらも、10数分間に及んでライン際の踏ん張りを見せた法政陣営。
「いまが我慢だ、踏ん張れ!」とエールを送るおそらくはOBのおじさま。
無得点のまま意気消沈気味の選手に最後まで「法政頑張れ!」と声をかけ続け、迎えたノーサイドで送られた拍手。
早大が得点する度に競技場に響く「わ~せ、わ~せ、わせだ」の歌声。
体の大きなロックの選手がボールを抱えて走るたびに「よいしょ、よいしょ」と声をあて手を叩くおばさま。
お子さんや奥様にルールを解説しながら、母校の応援に余念のないパパさん。

昨年はご家族全員が早大卒で娘さんも今年入学するのだとおっしゃるご家族と隣り合わせ、携帯TVで駅伝の様子も拝見させて頂きながらの観戦でございました。

普段からラグビーの観戦客は、年齢層も幅広く、ご家族連れや年配のご夫婦も多くいらっしゃるのですが、大学選手権の試合観戦ともなりますと、いずれどのスポーツもそうなのでしょうが、
愛校心旺盛な応援団、卒業生やクラブOBの面々、選手の家族・友人など、見守る観客も親心を持った眼差しで終始する独特の雰囲気がございます。

風の強いこの日の試合はプレーされる選手の方も大変でしょうが、晴れ渡った日和でバックスタンドの日当たりの良い座席を確保しておきながらも、体を押されるように吹き付ける風の冷たさに冬のラグビー観戦の醍醐味を味わう一日となりました。
        秩父宮20090102
視界には球場の他には、青い空と流れる雲しかなく。
風の強さに次々に流れ去っていく雲の様子に、空が動いているのか、こちらが動いているのか、錯覚を起こすような風景。

実のところ女将は子供の頃に、行き過ぎる雲の様子を眺めていて、それは雲が流れているのではなく、自分の立っている地上が動いているように錯覚を起こし
「これが地球が回っているってことなんだ!!」と大いなる誤解をしておりました。

風景の彼方に流れ去る雲の早さに、グラリと足元が揺れ、自身の体が傾いていくように感じ、地球のほうが動いているのだと思ってしまったのです。
自分の暮らす惑星が生きている事を実感できるようで、なんだか嬉しく、小学校の門に寄りかかってじっとその様子を眺めるのが好きでした。

よくよく考えてみれば、大気圏内の動きが自転である訳もなく、日によって雲の流れの速さが変わるのも可笑しな話なのですが、ね。

この日も、後ろへ流れ去る雲に国立競技場の座席がゆっくりと傾いているようで。
大いなる星の上の小さな競技場で、些細なスポーツの試合に、それでも真剣にボールを追い、ただ一度の試合に打ち込む姿勢に、見守る数万の瞳に、なんだか感動を覚えてしまうラグビー大学選手権でございました。




ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 中央区(東京)情報へ にほんブログ村 その他ブログへ


テーマ:★ラグビー★ - ジャンル:スポーツ

秋の夜長の楽しみは・・・

九月に入ってから数少なくなった盆踊りの合間に京都へ、奈良へ、そして帰宅後早々に今度は徳島・香川へ、と慌しく過ごしてまいりました。

夏の疲れが出てしまったのか風邪気味ではありますが、新しい趣味への挑戦や、お仕事、そしてお付き合いの機会も益々増えて参りまして、精力的な秋のスタート(相変わらず?)となっている女将の日常でございます。

毎日のようにご訪問くださる皆様には有難く存じております反面、BLOGの更新が遅れがちになっておりますことは甚だ申し訳なく、ここに改めてお詫び申し上げます。

ちらりと予告しておりましたが、先週末は台風の影響で揺れる飛行機に飛び乗って四国から取るものも取り合えず駆けつけたのが秩父宮ラグビー場でございました。

17時開始のナイター試合は東芝ー九州電力、クボターサントリー二試合。
有難くも今回は頂きもののチケットで女将初のメインスタンド中央を占めるSS席での観戦!

座席からはこのような眺め2008東芝ー九電

まだまだ明るい内から始まった第一試合ではございますが、後半も盛り上がる六時過ぎにはお隣りの神宮球場でも野球のナイター試合が始まったようで
                神宮にも灯が入り

お互いに負けじとライトアップされた東京電力万歳!の両会場では、代わる代わる歓声が沸く熱い一夜でございました。

試合開始前には秩父宮入り口のテントでは今年から選手と握手できるイベントが組まれていたそうで、この日はわが東芝ブレイブルーパスの愛想良しさん「富岡鉄平」氏と握手とあって、なかなかの行列振りであったとか。
下調べも整わず試合に駆けつけた女将は、後からそれを知り残念ではございましたが、試合後の会場で見つけた渡辺、立川両選手、そしてサントリーの清宮監督と握手を交し、言葉を交わすことができましたので、良しと致しましょう。


秩父宮ラグビー場にナイター設備が整いましてから、寒い観戦が当たり前となっているラグビーも夏日の夕方から快適な観戦を楽しむ事ができる機会も増えて参りました。
今回は土曜の開催でしたが、金曜の夕方などはお仕事帰りに気軽に会場へ足を運ばれるようになったのも、嬉しい限りでございます。

ナイターと言えば、今年はもう一つ、女将にとりまして楽しみなナイターがございます。
今週末に開催のF1シンガポール・グランプリは、実は初のナイター戦なのでございますよ。

秋の夜長にどのような展開になりますことやら・・・
ドキドキ楽しみな週末はもう目前!でございます。



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 中央区(東京)情報へ にほんブログ村 その他ブログへ


テーマ:ラグビー - ジャンル:スポーツ

プロフィール

江戸っ子若女将

Author:江戸っ子若女将
東京生まれの東京育ち
 平成の江戸っ子

最近ネイルに凝っています

趣味の盆踊りのため夏中浴衣で過ごし,冬はラグビー観戦,春からはF1を楽しむ他、お能・歌舞伎・クラシックや相撲,オペラ鑑賞にとお江戸を跳び回る一年。
アメリカドラマ好き
実はゲーマー
歴史好きの城マニア
城址・古戦場めぐりが生き甲斐

最新の記事(全記事表示)

最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

RSSフィード
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。